交通事故後の対応について

もしも交通事故に巻き込まれてしまったら。交通事故の当事者となってしまった際、加害者であれ被害者であれ速やかに行うべき事があります。まずは負傷者の介抱です。必要なら救急車を呼びましょう。さらに、周囲の交通の安全確保です。

事故車両があれば安全な場所に移動させる、高速道路上であれば表示板、発炎筒などで周囲の車に事故を知らせます。そして、些細に思えるような事故でも必ず警察を呼びます。警察官が到着したら指示に従い、事故についての状況を説明します。

これは、後になって損害賠償の過失割合を算定する上で非常に重要です。あと、意外と忘れがちなのが事故を起こした当事者の保険会社への連絡です。

損害賠償が発生してから実際に賠償金を支払うのは保険会社なので、保険会社への連絡を遅らせてはなりません。それ以外にも、可能なら事故を目撃していた周囲の人がいれば事情を警察に説明してもらうようにします。また、事故時の様子をカメラで撮影しておけば、後々になって過失割合でもめた際にも役に立ちます。

注意すべき点として過失割合の算定は警察に任せますが、損害賠償金等の支払いについては基本的には当事者間で解決すべきものです。ところが、多くの場合賠償金の請求や支払いは保険会社が行うものですから、もしも被害者の立場であれば損害賠償金の請求は加害者ではなく、相手の保険会社と交渉した方が良いでしょう。